インテリアショップ 『カラフェ』のスタッフブログ
Mother's Day Gift GW special_sono3
5月12日(日)は、母の日です。
日頃はなかなか言えない感謝の気持ちをギフトと共に贈る。。。
年に一度位は、女性でも男性でもお母さまに『ありがとう。』
と言って頂きたいです。

Carafeではベルギーのガラス工房Henry Deanの
花器とフラワーアレンジメントのセットをご用意しております。
少しグラマラスな大人色のChic Whiteと、
フェミニンなアンティークカラーのAntique Pink
の2色展開でご予約を承っております。

価格:6,825 yen ( 6,500 yen )
限定数:各色5色 *完全予約制
申し込み方法:店頭、お電話、メールにて承ります。
ご予約受付開始:2013年4月26日(土)11:00 
ご予約〆切:2013年5月6日(月)19:00
お渡し期間:2013年5月11日(土)、12日(日)のみ
お渡し場所:Carafe Nagoya Shop

また、Carafe大人気のフレーバーティー
『テデザリゼ』も限定復活です。
お煎茶に白桃・キウイ・スイカのフレーバーをブレンドしたこのお茶は、
春から夏にかけてはその爽やかな味わい、そして美しいお茶色が際立つ
『水だし』がおすすめです。
GW中はCarafe Nagoya Shopにてご試飲いただけるように
ご用意してお待ちしております。
母の日のギフトに、またこれからの季節のお飲物として是非お試し下さい。

▷お問合せ
tel : 052-847-0509
e-mail : info@carafe-jp.com

明日からGWですね。
皆様のご来店心よりお待ちしております!!

Staff S.

Pick Up comments(0) trackbacks(0)
イタリアVerzelloni社のSOFAで昼寝
お昼寝が気持ちが良い季節がやってまいりました!!
先日お客様のお宅でお酒有りのランチを頂いた際、
酔いがまわってしまい、ソファで少しお昼寝をさせて頂いてしまいました。
いきなり私の失態を明かしてしまいましたが、
そのソファの寝心地と言ったらっ!!
ベッドよりも気持ちが良いのではないかと思う位で、
なんと1時間程寝てしまったのです。。。
お客様の用意して下さったお料理、ワイン、音楽、インテリア、環境、
そしてソファ、全ての素敵要素が重なり至福の時を過ごさせて頂きました。
通常ベッド以外の場所(ソファなど)で寝てしまうと身体中がだるくなったり、
重くなったり、痛くなったりするのですが、
こちらのソファからの寝起きはかなり爽快でした。
そのお昼寝大好きな方におすすめのソファとは、
イタリアVerzelloni社Linkシリーズのソファです。
96cmのゆったりとした奥行き、
2m近い1本でできたシートクッションと細めのアームが
ミニマムでエレガントな印象を与えます。
Carafe Nagoya Shopでも展示がございますので、
店頭にて座り心地、寝心地、色々とお試し下さい。
現在、こちらの展示ソファご購入のお客様には、
なんと生地違いのカバーリングもプレゼントさせて頂いております。
春夏と秋冬、又はその時の気分で使い分けて頂ける様、
プレゼントのカバーリングはダークなカラーでご用意しております。
詳しくは店頭、メール又は、お電話にてお問合せ下さいませ。
▶▶お問合せ先
 tel : 052-847-0509
 mail : info@carafe-jp.com

是非ソファの座り心地を試しにいらして下さい。
本当に気持ちがいいのです。

Staff. S.


Pick Up comments(0) trackbacks(0)
Hans J. Wegner の椅子_ sono ①
こんにちは。
今日からCarafe Spring Fairがスタートしました。 
ウェグナーの椅子、たくさん届いておりますよ。
名作はやはり名作ですね。
何度も腰掛けて確かな座り心地を実感しています。
ウェグナーのどの椅子についても自信を持っておすすめできます。
そんな椅子をずっと探し求めていたのです。
もちろんウェグナーの椅子の良さは承知していたのですが、
それを超える椅子が無いかとずっと探し続けていたんです。
しかし、結局辿り着いたのがウェグナーの家具を専門に生産している
Carl Hansen & Son社の椅子でした。
座り心地はもちろん、タイムレスなデザインと自然素材が調和した
Carl Hansen & Son社の家具はまさに一生物の家具と言えます。
↑CH24
ウェグナーの代表作としてそしてCarl Hansen & Son社とともに
運命を共にしてきたと言っても過言ではない最大のロングセラー製品です。
Carl Hansen & Son社が手掛けた最初のウェグナーデザインです。
私自身、CH24(ウィッシュボーンチェア/Yチェア)を長年愛用しています。
ダイニングチェアとして使用したり、リビングで使用したり、
デスクで使用したり、部屋のコーナーに飾ったり、
更には高い所にある物を取る時に使用したり、
様々な使い道で役立ってくれています。
人間工学を考慮したデザインは背を伸ばして座ることはもちろん、
いろいろな姿勢で座る事を可能にしています。
中国椅子をモチーフとして生まれたCH24は、
大きめの座面、スチームで曲げられた背からアームにかけての曲線と、
背にもたれた時に支えとなるY形状の背もたれが、
優しい座り心地を実現しています。
我が家のCH24は、今では様々な歴史が刻まれて
家族間の特別なものとなっています。
タイムレスなデザインとは言っても長年の間で少し飽きた時期ももちろんあります。
それでも結局気持ちは戻ってきて、やはり良い椅子だなぁと感じています。
きっと今後もそんな気持ちを繰り返す事になると思いますが、
長年、いや、一生愛用していきたいと思っています。
50年以上前既に、CH24についてデンマークの新聞が
『デンマークの国民的な椅子』と書いていたそうです。
時代が変わってもこの椅子はどんなインテリアにもマッチしてきているから
タイムレスな椅子と言えるのでしょう。
また、超ミニマリズムの建築で知られる建築家、
安藤忠雄やジョン・ポーソンの建築に採用されるようになったことも
ロングセラーとなるきっかけとなったのだと思います。

今日はその他の椅子についてもご紹介したかったのですが、
CH24だけでもなが〜くなってしまいました。
ですが、最後にウェグナーについてご紹介を、、、
(ご存知の方も多いかと思いますが。)

▶▶Hans Jorgensen Wegner ハンス・J・ウェグナー
1914.4.2 - 2007.1.26

1914年 デンマーク、トナーに生まれる。
17歳の若さで木工マイスターの資格を取得、
1936年にコペンハーゲンの手工芸学校で家具デザインを学び、
1943年アルネ ヤコブセンの建築事務所で働く。
1943年に独立し、1949年ラウンドチェア(後のThe Chair)、
50年にはCH24(ウィッシュボーンチェア / Yチェア)など後の
ウェグナーの代表作とされる椅子を発表。
自ら優れた家具職人でもあるウェグナーは「座りやすさ」、
「クラフトマンシップ」、「デザインの美しさ」を設計する際のポリシーに掲げ、
これまでに500種類以上の椅子をデザインしている。
その多くが世界中の美術館でパーマネントコレクションとして収められている。

近日中にblogではウェグナーの椅子_sono 2、
FBでは座り心地速報もありますのでお楽しみに。。。
Carafe FB ページはコチラ▷▷▷

座り心地はやはり店頭で是非お試し頂きたいので、
展示内容が充実しているSpring Fair期間中に是非Carafe Nagoya Shopに
遊びにいらして下さい。皆様のご来店をお待ちしております。

Staff S.
Pick Up comments(51) trackbacks(0)
Pilat & PilatのDining Table
こんにちは。
とても寒い日と暖かい日を繰り返しながら、
Carafeに届きつつある春夏のアパレル商品を眺めていると
春はもうすぐそこ、、と感じる今日この頃です。
いかがお過ごしでしょうか?
立春を迎えた2月4日にPilat & Pilatのダイニングテーブルをお届けしてきました。
オランダPilat & PilatのHindrik Langshoutシリーズ、
素材は燻したオーク無垢材/ナチュラルオイル仕上げ、
脚の太さはなんと□13.5 cm、
サイズは2000x945x740、
重さは150kgくらいあるのでは、、、
そんな大迫力のダイニングテーブルです。
それでいて、主張し過ぎず、見れば見る程、
そのデザインや木の美しさにみとれていくのがPilat & Pilat社の家具たち。
エレガントなダイニングチェアともすんなり溶け込んでしまうのが嬉しいですね。
ミルフィーユフェチの私にとってはたまらない、
ミルフィーユ状態のエッジが利いた天板が特徴のHindrik Langshout。
そしてなんと言ってもPilat & Pilat社製製品の木肌の触り心地は、
いつまでもずっと触っていたい程裏面まで全てがすべすべなのです。
今回初めて燻しのオーク、オイル仕上げをセレクトして頂きましたが、
少しグレーがかったブラウン系の色が渋く、大人の雰囲気を醸し出しています。
汚れが目立ちにくそうなので、気にされる方にはおすすめの素材です。
ご家族より先に私がこちらのダイニングでお茶を頂いてしまいました。
お話しながらずっと触れていたくなってしまうPilat&Pilatのダイニングテーブルは、
是非一度Carafeの店頭でも触れて頂きたいです。

また、品薄になっていたPilat & Pilatのトレーも多数入荷しております。
そう言えば最新のI'm home、
no.65, march 2013にこちらのトレーが紹介されたんですよ。
無垢材のため少し重さがありますが、とても安定感があり、
Carafeスタッフも全員愛用中の商品です。
是非一度こちらも見にいらして下さい。

Staff S.

Pick Up comments(0) trackbacks(0)
new arrivals !!_sono ②
こんばんは。
今日は、この秋届いたnew arrivals!! _ sono ② をご紹介させて頂きます。

まずはAcacia Parquet Table !!
Carafeオリジナルデザインによるこちらのテーブルは、
無垢のアカシアをパーケット型に、
そしてフレームと脚には無垢のクルミ材を使っています。
素材感にデザイン性がプラスされたテーブルに仕上がりました。
アカシアは、ウォールナットに似た濃く深みのある色合いを持ち、
重厚で高級感があります。
ソープで仕上げている為、ツヤのない無垢材本来の素材感を楽しめます。
(オイル仕上げも可能です。)
使い込む程にかっこ良くなっていく事間違い無しです。
サイズ展開がいろいろとございますが、
ダイニングテーブルとして使いやすい
W1500xD800xH720で199,500 yenです。
その他正方形でもサイズ展開がございます。
店頭では、□800xH720をご覧頂けますので、
是非見にいらして下さいね。


次に照明も新しく届いております。
北欧デンマーク生まれのデザイナーCECILIE MANZ/セシリエ・マンツ
によるデザインのCaravaggio P2 Matt Whiteが届きました。
彼女は、著名な陶芸家であるボディル・マンツを母に持ち、
幼少期にはなんと両親と共に有田町(窯業の産地)で過ごした経験を持つ親日家。

『Everythin Is Possible』彼女の信条するこの言葉のように、
その前向きな信念は多くの職人達や芸術家に囲まれて育った
彼女の生活環境のなかで培われたものだと言えます。

とてつもない才能を評価されながらも自由奔放な生き様で、
不名誉な生涯を終えたイタリアンゴシックの画家、「Caravaggio」から。
黒を背景に裸身の男が赤い毛布をまとって横たわっている作品。
劇的な明暗対比とそこに秘められた精神性。
その一枚の絵にインスピレーションを受け、照明「Caravaggio」は生まれました。
柔らかい佇まいのフォルム、主題を際立たせるカラーと黒と赤のコントラスト。
アイデアの本質を明確にしながらも決して機能美だけでなく、
どこか詩的センスをも感じさせてくれるモデルです。
↑こちらがその初代「Caravaggio」です。

その他色違いやサイズ違いも展開がございますので、
気になる点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


そして、デンマーク・モダン・デザインの代表的人物
Hans J. Wegner/ハンス・J・ウェグナーデザインによる
CH33Tのホワイトが届いております。

皆様の中にもご存知の方は多いと思いますが、
彼の代表作には『Yチェア』『シェルチェア』『ザ・チェア』
『チャイニーズチェア』等がありますね。
彼のデザインの背景には、伝統的な職人としての裏付けがあり、
手掛けた家具はとても繊細な職人としてのこだわりが感じられます。
悔しいですがとても座り心地が良いです。
皆様は彼の椅子に座ってみた事がありますか?
Carafeにご来店の際は、是非CH33に座ってみて下さい。
お尻をすっぽりと包み込む様な大きめの座面に、
肘掛けと一体になった背中に馴染む大きめ背もたれ。
それでいて、この主張しないボリューム感。。
椅子を収納した際も納まりが良いですし、
何しろ軽いので出し入れも楽です。

もう一度言いますが、、
悔しいですがとても座り心地が良いです。。
単に美しいだけでなく座り心地がいい、
そんな椅子をお探しの方はたくさんいらっしゃるかと思います。
Carafeには今回ホワイトが届いておりますが、
その他の色、素材展開もございます。
彼が手掛けるその他の椅子も取扱っておりますので、
ご興味のある方はお問合せ下さいね。

こんな感じで照明と椅子をコーディネートしてみました。
Pilat & Pilatのダイニングテーブルともよく合いますね。

今現在Carafe 14th Anniversaryを開催しておりますが、
この期間中家具をお買上のお客様には、商品代金の5〜10%分を
Carafeで使えるクーポン券として差し上げます。
そして期間中にお買上の家具の配送料も無料なのです。。
(一部有料の地域もございますが。。。)

長くなりましたが、今日はこの辺で。。。
と〜ってもお得なfairを開催中ですので、是非遊びにいらして下さい。

Staff S.










Pick Up comments(0) trackbacks(0)
new arrivals !!_sono ①
日に日に秋も深まってまいりましたね。
朝晩は少し冷えますが、日中はとても気持ちが良いです。

さて、先日のCarafe Diaryでも紹介させて頂きましたが、
この秋からCarafeでもアパレル商品の取扱いをスタート致しました。
どのようなアイテムが届いているか、
スタッフの本日のコーディネートと共にご紹介させて頂きます。

まずは、poncho.
from Italy
price : 58,800 yen ( 56,000 yen )
material : wool 49%,rayon 29%,angora fiber 19%, nylon3%
ドレープがとても美しいこちらのポンチョは、
袖を通したり、ベストの用に袖を出したり、
色々なコーディネートに使えそうです。
今日はグレーのワンピースに重ねて、コーディネート。

stole 1.
faliero  sarti from Italy
price : 29,400 yen (28,000 yen)
size : 45x170 cm
material : alpaca 52%,cashmere 22%, linen 17%, silk 9%
裏表でカラーが違う為、その日のコーディネートで使い方を変えられます。

stole 2.
faliero sarty from Itary
price : 27,300 yen (26,000 yen)
size : 125x180 cm
material : Modal 44%,mohair 19%,nylon 19%, 
virgin wool 10%, silk 8%
デニムにカーディガン、
首にsartyのstoleを巻くだけのシンプルスタイルです。
美しいグレーのグラデーションとふわっとした
ボリューム感がアクセントになります。
肌触りがとても良いsartyのstoleは、
温かくそして首周りがとても気持ちが良いので、
身に付けているととても癒されます。
家具についてもそうですが、肌に直接触れる物は、
ずっと触れていて心地の良い物を選びたいですね。

そして何よりfaliero sartyのstoleはユニセックスのため、
カップルで、ご夫婦で、親子で?
一緒に使えるのが嬉しいです。

shawl.
大判のショールは、肩に羽織るだけでも、
ぐるぐるっと巻いて上着代わりに使っても、、、
単色でなくモノトーン系の色がミックスされているので、
平面で見るのと身に付けて立体で見るのとでは、イメージが違います。
from Japan
price : 24,150 yen (23,000 yen)
size :150x180
material : wool 80%, nylon 15%, cashmere 5%

店頭では色々とお試し頂けますので、(男女問わず◎)
気になる商品がございましたらぜひお試し下さい!!

Staff S.
Pick Up comments(0) trackbacks(0)
夏の必需品_ vol.2
こんにちは。
毎日暑いですね。
本日よりCarafeは営業しております。
ゆっくりとお休みを頂き、スタッフ一同元気いっぱいです。
皆様はどこか遊びに行かれましたか???

さて、今日は夏も終わりに近づいておりますが、
残り少ない夏を楽しむ為の必需品を少しご紹介致します。

まずは筒井時正玩具花火製造所の線香花火です。
先日TVでも紹介された様で、Carafeでも大人気です。
夏の風物詩でもある線香花火。
職人さんの手仕事から生まれる小さな芸術品です。
素朴で、はかなげな光を放つ日本独自の花火ですが、
今ではその99パーセントが中国産で、日本の業者はわずか3社を残すのみ。

その一軒が福岡県みやま市にある花火職人の筒井良太さんです。
江戸時代から伝わる製法にこだわった線香花火を作り続けています。

線香花火には、西のスボ手牡丹と東の長手牡丹の2種類があるのですが、
スボ手を作ることができるのは、日本ではもう、筒井さんしかいないそう。
Carafeでも西のスボ手牡丹は残りわずかとなりましたが、
若干在庫がございますので、ご興味のある方は是非!!

この線香花火作りは、指先を真っ黒にしながら手作業で一本、一本、
心をこめて作りあげる根気のいる仕事です。
高齢化とともにより手の数は減り、とうとう5人になってしまったそう。
夏休み中に私も西のスボ手牡丹で花火をしました。
点火と共にどんどん大きな火の玉になり、
パチッ、パチッ、と火花を散らし、
徐々に勢いを増して、
最後は静かに火花が一本、また一本、と落ちていきます。
西のスボ手牡丹は、わらを使用しているため、
点火と共にとても懐かしい良い香りがします。
美しい炎と懐かしい香りでかなり癒されました。
本当におすすすめです。

続いて和紙作家、森田千晶さんの扇子です。
こちらも残りわずかとなりました。
老若男女問わず、素敵にご使用頂けるデザインが嬉しいです。
暑い日々はまだまだ続きますので、まだ扇子をお持ちでない方は是非!!

続いては今年大人気の風鈴です。
和、過ぎず、シンプルなデザインのため、どんなインテリアにも合わせやすいです。
真鍮製の風鈴のため、ガラスとは一味違った音色。
落ち着きがあり、澄み切った音色が、気持ちを涼やかにしてくれます。

最後に虫除けキャンドル。
蚊取り線香の香りが苦手な方、
アウトドアで持ち運びたい方、におすすめです。
蚊と聞くと夏のイメージですが、中には11月ころまで飛び回る蚊もいるそうです。
まだまだ大活躍すること間違い無しです。
フレッシュシトロネラとレモン系のバンブーのかおりがトップノートに、
グリーンフローラルと甘いメロンの香りがミドルノートに、
そしてムスクの香りがベースとなった爽やかな香りです。
缶に入った持ち運び便利なキャンドルの為、
BBQや花火をするとき等にいかがですか?

今回ご紹介させて頂いた夏の必需品は、残りわずかのため早い者勝ちです。
夏も残りわずかですが、暑さに負けず、
夏を楽しんで頂く為のおすすめ商品たちばかりです。
是非見にいらして下さい。

Staff S.
Pick Up comments(0) trackbacks(0)
夏の必需品 _ vol.1
雨続きでジメジメしますが、ふと晴れると窓を開けたくなりますよね〜。
窓を開けた途端にやってくる大敵、蚊がこの季節からは厄介な存在です。
そこで、Carafe定番のおすすめの一品がこちら↓↓
南部鐵でできた壁掛けタイプの蚊取り線香立てです。
和、ですが、和、過ぎず、
とてもシンプルで飽きのこない、洗練されたデザインの蚊取り線香立てです。
皆さんはどのような物を使われていますか?
最近は便利な商品も数多くドラッグストアなどで販売されていますが、
この様な蚊取り線香立てに出会うと、もう一度蚊取り線香が使用したくなります。
棒を外せば、床置きも可能なため、シチュエーションに合わせて
ご使用頂けます。

そして蚊取り線香のあの香り、、、
好き嫌い有ると思いますが、懐かしい気分になります。

Carafe名古屋店では、実物をご覧頂く事が可能です。
是非見にいらして下さい。

また、お待たせをしていた小沢敦さんのカトラリーが入荷しました。
新しくナイフも仲間入りです。
小沢さんのカトラリーは、デザインも素敵ですが、
使い心地がとても良くて、おすすめです。
ナイフはとても切れ味が良いんですよ。

そして、明日からは先日もお伝えさせて頂いた
が始まります。色ガラスたちのお陰で店内はとても涼し気です。
↑写真は井上美樹さんの色がさねグラス。
何色にしようか迷ってしまいますね。
ぜひ遊びにいらして下さい。

Staff S.


Pick Up comments(88) trackbacks(0)
2012GW Special Event 4/28(Sat.) 〜Free Market〜における寄付のご報告
皆様、ご報告が遅くなり申し訳ございません。
2012年GWに開催されました
における寄付金のご報告をさせて頂きたいと思います。

CarafeではこのFree Marketの売上の一部を「あしなが育英会」を通して
東日本大震災から1年が経った今も支援を必要とする
多くの子供達の為に役立てて頂く事に致しました。
Free Market当日はたくさんのお客様にご来店頂き、
また、このチャリティイベントにご協力頂き本当にありがとうございました。

このイベントでの寄付の総額は、¥187,000になりました。
皆様の善意は以下の様に、本日「あしなが育英会」に寄付として
届けさせて頂きました。
ご報告と共に、ご協力に重ねて御礼申し上げます。

今後も被災地の方々の為に出来る事を少しづつでも
積み重ねていきたいと思っております。

Pick Up comments(2) trackbacks(0)
GW2012 〜 Ethnicraft NEW & RE-ARRIIVALS FROM BELGIUM 〜
先日、ベルギー”Ethnicraft”から新作及び再入荷家具が届きました。
無垢材を使った飽きのこないシンプルなデザインは
長く使って頂く程に味わいを増します。

それでは、届いたばかりのカップボードからご紹介します。
↑Teak Essential storage cupboard, 4 doors
   size : w1170 x d470 x h1600
   material : Teak 
   finish : non
チーク無垢材を使用したこちらのカップボードは、
木の存在感満載ですが、ラインがシンプルでなおかつ脚はステンレスのため、
木の温もりとモダンな佇まいが絶妙に調和し、
重過ぎず、軽過ぎない存在感が魅力です。
Ethnicraftのチーク材は無塗装。
自然素材そのままを使用しているため、その都度個性は違いますが、
届いた時点からかなりの味があります。
ご使用頂きながら、ナチュラルオイルを定期的に塗って頂けば、
もう少ししっとりとした質感になります。
↑Teak Essential tv cupboard, 2 drawers
   size : w2090 x d470 x h380
   material : Teak
   finish : non
カップボードと同シリーズのTVボードも届きました。
引出し2つとオープンスペースがあり、使いやすそう。

↑その他人気のKUBUS NAOMIも入荷しております。

是非見にいらして下さいね〜。

無垢材に魅了されたベルギー出身のフィリップ・デレッセとベノア・ロスは、
1995年に「フォルムによって現代的に、素材を通して温かさを」
というデザイン理念の下、人々に安らぎや温もりを感じさせる天然木を用いて、
モダンな空間に合う家具の製作を開始しました。
家具の全てに、強いこだわりによってセレクトされた高品質な木材を使用。
また、限られた資源を利用する責任として、
環境に最大限の配慮をしているところから木材を仕入れています。
シンプルながら力強さを備えた家具からは、
彼らの地球に対する強い愛情が感じられます。

Staff S.



Pick Up comments(2) trackbacks(0)
| 1/2 | >>